水商売と子育てを両立するには?子供の預け先と生活時間やりくり事情

水商売と子育てを両立するには?子供の預け先と生活時間やりくり事情夜の仕事

水商売は昼間の仕事よりも収入が高いので、お金が必要な子育てママにとって魅力的な仕事です。

 

けれども、水商売と子育ての両立ができるかどうかは不安が大きいですよね。

 

  • みんな、子供の預け先はどうしてるの?
  • どんなタイムスケジュールで生活してるの?
  • 子供との時間はあるの?

 

気になる疑問をまとめてみたので、これから水商売をはじめるなら参考にしてみてください。

 

水商売と子育ては両立できる?

水商売は夜のお仕事!子ども預け先はどうしてる? 

水商売は夜がメインのお仕事なので、子供の預け先を必ず考えなければなりません。

水商売ママの子供の預け先事情

  • 夫に子供を預けて出勤
  • 実家に理解してもらってるので母親に預けている
  • 夜間の託児所へ預けている
  • 上の子が中学生なので子供だけで留守番させて仕事に行っている

夫の給料が少なく家計のために水商売で働くママは、夫に子どもを預けてお仕事に出かけることが多いようです。

 

シングルマザーの場合は、実家に頼るか、24時間開所している保育所や、夜間保育園という選択肢を選んでいるようです。

 

ただ、子供が何人かいる場合は保育料の負担も大きいので、心配ながらも家に残して仕事に……というケースも。

 

夫がいても夫に頼れない家庭もあるので、子育て中に水商売をしてでも真剣に働かなくてはいけない主婦は、子供の預け先が切実な悩みになります。

 

水商売と子育てを両立って実際どうやるの?生活時間の事情

水商売と子育て両立のタイムスケジュール

8時起床 子供と一緒に朝食を食べて保育園に送る

9時~  家事など

10時~ 仮眠をとる

15時  起きて夕食の準備

16時  子供のお迎え

18時  子供を託児所に連れていき出勤

深夜2時 子供をお迎えして帰宅→そのまま就寝

日中は子供を保育園に通わせて家事をしたり仮眠をとったりします。

 

夜も託児所に預けることになるので、保育園は早めに迎えに行って一緒に夕食→仕事の準備→出勤という流れが多くなります。

 

仕事が終わり託児所に迎えに行ったときは子供は寝ているので、寝かせたままタクシーを使って家に帰ります。

 

なんだかんだ言って、夜はバタバタして眠れない日もあるので、昼間の仮眠で睡眠時間を確保している感じです。

 

水商売しながら子育ては子供との時間がほとんどない

水商売しながら子育てする最大のデメリットは、子供と過ごす時間がほとんどないことです。

 

特に、子どもは夜寝るときにママがいない生活は不安以外の何ものでもありません。

 

まして、夜間の保育所でママ以外の人に寝かしつけられる生活は子どもにとっては相当辛いものです。

 

なかなか寝つくことができず、寂しさから昼間に問題行動が出てしまうケースも……。

 

子供との時間をどのように確保するかが水商売をするママの大きな問題になることは間違いありません。

 

【体験談口コミ】水商売と子育てを両立って本当に大変!!

シングルマザーで水商売と子育てを両立

シングルマザーになり、お金に不自由をさせたくないと思い子どものために水商売をはじめることにしました。

当時、2歳だった娘を夜間保育所に預けて週に3日~4日仕事をしていました。

仕事が終わり深夜1時頃に子どもを迎えに行き、やっと寝ついたという我が子を抱っこして帰宅する毎日……。

子どもに申し訳ない気持ちと、自分の体力気力の限界もあり、言葉では言い表せないほど大変なものでした。

特に、寒い日などは本当に辛かったです。

帰宅すると、化粧も落とさずに子どもと一緒に倒れ込んで寝てしまうことも何度もありました。

夜の仕事中に夫は育児をしてくれない……

チャットサイトで稼ぐ,女性に人気の在宅ワーク

夫に預けて水商売の仕事に出ていましたが、イヤイヤ期真っ盛りで言うことを聞かない年ごろの子どもたちに夫が手を焼いていました。

そのうちに、夫がろくに子どもたちの面倒を見なくなりました。

深夜に帰宅すると、お風呂も歯磨きもしてもらっていない子どもたちがいつも泣いて待っていました。

家計を助けるために水商売をするしかなかったこともあり、育児に協力してくれないことを夫に指摘するといつも喧嘩になっていました。

仕事中も子どもたちのことが心配で気になってしまい……。

辛くなってしまうことがたびたびあり精神的なストレスは本当に大きかったです。

子育てしながら稼ぎたいなら水商売よりもチャットレディがおすすめ

チャットレディは子供がいるママも稼げる!主婦向け月5万円の稼ぎ方,女性に人気の在宅ワーク

 

水商売と子育ての両立は思った以上に過酷です。

 

実は私も夫の借金返済に悩んでいたときに水商売をしようと考えていたのですが、

  • 夫は育児を全くしてくれない
  • 子どもを夜中託児所に預けることは気が引ける
  • 30代で働き先があるのか不安だった

心配事を解決できずに断念しました。

 

正直、お金に悩んでいたので、子どもを夜の託児所に預けるお金もなかったのも大きな理由です。

 

もし、

  • お金がなくて働きたい
  • 水商売のような割の良い仕事がしたい
  • 子育てと両立できる仕事がしたい

そう思っているなら、「チャットレディ」を考えてみてください。

 

私は水商売で働くのが難しかったので、自宅でできるチャットレディを選びました。

 

チャットレディは1時間に3000円以上稼ぐことができ、頑張り次第で1日で3万円以上の高収入を得ることもできる仕事です。

 

水商売並みに収入が高いので、もし子育てと両立したいと思っているなら主婦にとっては最も稼ぎやすい仕事と言えますよ。

 

水商売に変わる高収入のお仕事!子育てと両立しやすいチャットレディとは

チャットレディとはスマホやパソコンを使って、男性のお客さまとライブチャットをするお仕事です。

 

音声で話したり、タイピングやメールでやりとりをしたりする、インターネット接客業となります。

 

お仕事内容は、

  • お話だけのノンアダルトチャット
  • セクシーなパフォーマンスを見せるアダルトチャット

2つの働き方があります。

 

ノンアダルトチャットレディはカメラ越しに男性と本当に話すだけなので、これでお金が稼げるの?とびっくりするくらい気軽に始められます。

 

水商売と比べても、お酒を飲まない・触られないので、チャットレディの方が安心してお仕事できるという女性も多いんです。

 

チャットレディは子育て向け!水商売よりも時間に融通が利く

夜に働くことがメインの水商売と違い、チャットレディは365日24時間、自分の好きな時間に働くことができます。

 

子どもを夜に夫や夜間保育所に預けたりする必要もなく、育児との両立のしやすい時間帯を選ぶことができます。

 

子どもが幼稚園や保育園に行っている時間など、子どもがいない時間にお仕事をすれば家族にも内緒で稼げますね。

 

  • 夜は子どもと一緒に寝てあげたい
  • 昼夜逆転生活から解放されたい
  • 水商売と同じくらい稼ぎたい

という願いを持つママには最高のお仕事です。

 

家で仕事をできるのも嬉しい!

チャットレディはパソコンやスマートフォンがあればお仕事ができるので、自宅で働くことができるんです。

 

主婦は家事や子どもの行事の準備など、家でやることがたくさんあります。

 

わざわざ外に働きに出るのって辛いですよね。

 

そんなときに自宅で気軽に仕事ができるチャットレディは子育てママにはありがたいお仕事です。

 

また、家族や子どもがずっと家にいて仕事がしづらいという場合は、チャットルームというものもあります。

 

所定のチャットルームに通勤して、チャットをすることができます。

 

このように、時間だけではなく場所にも縛られないお仕事ですので、子育て中のママにはとてもやりやすいですね。

 

水商売に迷ったときは子育てと両立しやすいチャットレディがおすすめ

 

水商売は高収入が期待できる夜のお仕事です。

 

ただ、子育てとの両立を考えるとちょっと気が進みませんよね。

 

もし、子供との時間を確保しながら同じくらい稼げる仕事がしたいのなら、ぜひ一度チャットレディを試してみてください。

 

チャットレディは働く時間を自分で決められ、在宅でも通勤でも仕事ができる育児と両立がしやすいお仕事です。

 

  • 子どもがまだまだ手がかかる
  • 子どもに寂しい思いをさせたくない
  • お金もしっかり稼ぎたい

 

そんなママにとっては水商売よりも気楽に始めることのできるお仕事です。

 

私もチャットレディで稼げるようになり、夫の借金を返済できて家計が楽になりました。

 

インターネット接客業という馴染みのない仕事なので不安もあるかもしれませんが、

  • チャットレディへの登録はもちろん無料
  • 使用料も一切負担なし
  • 手軽にメールで求人応募できる
  • 辞めたくなったらすぐに辞められる

安心してできる普通のお仕事なのでぜひ挑戦してみてくださいね。

 

お仕事や応募のことを詳しく知りたい方は「チャットレディで副業!始め方と安全に稼げるおすすめサイト」の詳細をチェックしてみてください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました