夜の仕事は主婦でもできる?はじめる前に知っておきたい3つの注意点

夜の仕事は主婦でもできる?はじめる前に知っておきたい3つの注意点夜の仕事

夫の給与が少なくて家のローンや家賃、生活費で毎月カツカツ!

 

女性が効率的に稼げる、夜の仕事を始めてみようかな?と考えてしまいますよね。

 

でも、やっぱり夜の仕事は不安…。

 

  • 本当に夜の仕事は効率的に稼げるの?
  • 他にいい副業はないの?

 

主婦が夜の仕事をはじめる前に知っておきたい注意ポイントをご紹介します。

 

正直、夜の仕事は主婦におすすめできない!はじめる前に知っておきたい注意点

 

はじめからおすすめできない話をするのも気が引けますが、主婦が家計のために夜の仕事をはじめるのは実は注意することばかりなんです。

 

1. 主婦の夜の仕事は夫婦逆転生活になりすれ違いが多い

夜の仕事は、他の仕事では得られないような高給与を短時間で得ることが出来ます。

 

もちろんお金的にはメリットでもありますが、実はそれが夫婦の関係を曇らせることも…。

 

  • 妻が昼間寝ていることに夫が抵抗を感じるようになる
  • 夫と休みも家にいるタイミングも合わなくなり会話が減る
  • 子どもがいるときは夜中夫に育児を任せるのでケンカになることも

 

主婦が夜、家にいないことで家庭内でトラブルが起きることが多くなります

 

2. 夜の仕事は被服費がかかるので結局稼げない

実は、稼げると思っていた夜のお仕事は、様々な費用がかかってしまうことが多いんです!

 

特にドレスに関しては安くても1万円程かかり、それを数着は用意しなければなりません。

 

さらに、クツやバッグ、接客用の下着など、中には名刺ケースや名刺のデザイン代が必要になるお店もあります。

 

そのため、「始めてみたけどやっぱり合わないから辞めてしまった。」という場合は、稼ぐために夜の仕事を始めたのにもかかわらず、逆に痛い出費を負ってしまうのです。

 

たとえ続けられても、同じお客様に同じドレスで接客するわけにもいかないため、定期的に高いドレスを購入する必要があります。

 

また、ノルマが存在する店では達成できないと罰金等をとられるため、結果としてあんまり稼げない……という方も少なくありません。

 

3. 夜の仕事は既婚者の主婦は特に精神的に辛い

夜の仕事はいつでも人で不足です。

 

人が集まらない。もしくは集まるけれどすぐ辞めてしまう。

 

それはなぜか?夜のお仕事がなぜ稼げるのか?

 

理由は簡単で「辛いから」です。

 

主婦の方の場合、日中は家事をして夕方から深夜にかけて出勤という肉体的な辛さはもちろんのこと。

 

セクハラや体を触られるというのは、もはや言わずもがなで、精神的にも非常に辛いお仕事だということは避けては通れません。

 

特に、夫がいる立場でセクハラをされると、家計のためだとわかってはいても長くは続けにくくなります。

 

主婦で夜の仕事をしていた人の体験談

家計の足しになればと主婦で夜の仕事をはじめたけど

夫の給与がなかなか増給せず、家のローンの支払いで生活がキツキツだったため家計の足しになればと夜の仕事をはじめました。

しかし、夜のお仕事は私が想像していたよりシビアな世界で、簡単に大金が手に入るわけではありませんでした。

ドレス代やメイクアップ代などは自費だったため、指名が入らなかった期間はノルマさえ達成することが出来ず……。

罰金も取られてしまい、ほとんど稼ぐことができませんでした。

指名を多く受けられる、ランキングに載るような方でないと体力的・精神的な辛さを超えるだけの収入は得られないと感じました。

(Aさん 28歳)

精神的なストレスが大きくて……

私は家計の苦しさと、自分の自由になるお金を稼ぐために夜の仕事を副業としてはじめました。

入店した時に初期費用という名目で決して安くないお金を払わされ、もう後には引けない状態になりました。

入ってはみたものの、容姿が抜群に良い。コミュニケーションが上手い。

というわけではなかったので、なかなか指名もされず……。

たまに指名があってもお尻を触られたり、セクハラをされたり、アフターの誘いだけだったりと、仕事をしていた時は本当に精神的に辛かったです。

その辛さに耐えきれず結局数ヶ月程度でやめてしまいました。

稼ぎに出たはずが、大金を支払って辛い思いをしてきただけでした。

(Bさん 32歳)

家計が苦しくて主婦が稼げる仕事をしたいなら!夜の仕事と同じくらい稼げるチャットレディがおすすめ

チャットレディを始める方法は?応募のやり方・仕事の仕方まとめ

 

私は家計が苦しくて夜の仕事をはじめようかと悩んでいたとき、「チャットレディ」という仕事を知りました。

 

子育て主婦だったので、

  • パソコンやスマートフォンを使って自宅で仕事できる
  • 直接男性に会わなくてもいい
  • 夜の仕事と同じくらい稼げる

チャットレディの魅力は本当にありがたかったですね!

 

主婦が家事をしながら稼ぐのは本当に大変ですし、知らない男性に体を触られることにも抵抗があるはずです。

 

もし、水商売がしたいわけではなく「お金を稼ぎたい!」という思いだけなら、夜の仕事をするよりも同じだけ稼げるチャットレディの方が始めやすくより安全に稼げるのでおすすめです。

 

夜の仕事の代わりに!主婦でも稼げるチャットレディとは 

チャットレディとは、お客様の男性と動画や画像、メールなどで会話をする、インターネットのサイト越しの接客業といったものです。

 

水商売などの夜の仕事と比べても、1時間あたり3000円~1万円以上稼ぐことができるので収入的には「こんなに稼げるの?」と驚いてしまうかもしれません。

 

チャットレディは好きな場所で好きな時間に好きなだけ!

チャットレディという仕事は、基本的に自分の好きな時間、空いている時間に働くことが出来ます。

 

チャットレディには「在宅タイプ」と「勤務タイプ」があり、主婦の場合は自宅で働く方も多いんですよ!

 

部屋を映したくないという方は通勤してチャットレディ会社のチャット部屋(個室)を利用することもできます。

 

決められたシフトが一切ないので、自分のスタイルに合わせて働くことが可能です。

 

自宅でお仕事をする場合は

  • パソコンもしくはスマートフォン
  • カメラ・マイク
  • インターネット環境

が必要になります。

 

夜の仕事のような特別に高い衣装代や名刺代などは発生しないので、初期費用はほとんどかかりません。

 

インターネットサイトの登録って怪しそう……というイメージがあるかもしれませんが、

  • チャットサイトへの登録は完全無料
  • サイトの使用料は一切不要
  • 罰金も一切なし
  • 辞めるときもすぐに辞められる など

普通のお仕事のように安全にできるので安心して始められます。

 

チャットレディは稼ぎたいときだけ働くこともでき、もし辞めたくなっても「結局損をする」ということは絶対にありません。

 

実際、私も主婦でチャットレディをしていますが、家事の片手間にやっている感じです。

 

  • 今日は予定がないからチャットしよう!
  • 今日は子どもが熱を出したからお休み!

 

その日の朝にお仕事をするか決めてやっています。

 

チャットレディは安心の画面越しの接客!

チャットレディはお客さまとお話を楽しむという点では夜の仕事と似ています。

 

でも、チャットレディは画面越しでお話をするので酔ったお客さまに触られたりする心配はありません。

 

しかも、チャットレディは無理に顔を出さなくても良いので、身バレしたくない主婦なら顔を出さずにチャットをしてもOKです。

 

夜の仕事だとストーカー被害というリスクもあるので、プライバシーを守れるという部分でも安心です。

 

男性のお客さまということで下ネタの話をされることもありますが、一緒に盛り上がってあげると稼ぎやすいのでできる範囲で楽しむのが収入アップのコツです。

 

夜の仕事よりも稼ぐ!主婦チャットレディになって自分好みに働こう

チャットレディと正社員を上手に両立!副業で収入アップのコツ3つ

 

ローンや生活費でどうしても家計が苦しい!

 

そんな方は「チャットレディ」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

夜のお仕事は、

  • ドレス代などの初期費用が高額で指名が入らないと稼げない
  • 罰金がある
  • セクハラや触られたりが不安

心配事も多く初心者の主婦にはハードルが高くなります。

 

チャットレディは費用や心身的なストレスの心配が一切ないので安心です。

 

時給も3000円以上と非常に良く、自分の好きな場所で好きな時間に好きなだけ働くことができるのでぜひ挑戦してみてください。

 

私がチャットレディをはじめたきっかけは、夫の借金を返すためでした。

 

主婦でも稼げるのかとはじめは不安がありましたが、意外なほど主婦チャットレディは男性から人気なんです。

 

平日の昼間にできて、主婦でも毎月30万円以上を稼ぐこともできるので、まずは一度チャットデビューしてどんなものか試してみてください。

 

Skypeみたいに男性と話すだけなので、夜の仕事よりも始めやすいですよ!

 

お仕事や応募のことを詳しく知りたい方は「チャットレディで副業!始め方と安全に稼げるおすすめサイト」の詳細をチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました