チャットレディを夫・親の扶養内で始めたい!稼げる金額と注意点

チャットレディを夫・親の扶養内で始めたい!稼げる金額と注意点チャットレディの扶養・税金について

お小遣い稼ぎをしたい!

 

そんなときにおすすめなのが自宅でできるチャットレディのお仕事です。

 

年間所得が一定の基準を超えない限り親の扶養や夫の扶養を受けることができるので、社会保険が適用されるため扶養を外れないことには大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

チャットレディは時間の拘束や通勤の必要もなく自宅に居ながらお小遣い稼ぎができる理想的なお仕事です。

 

チャットレディは主婦の副業におすすめ

 

一般的にチャットレディは業務請負業として契約を結びます。

 

チャットレディとして働いた報酬は、給与としてではなく請負業務の報酬として支払われます。

 

そのため、1年間チャットレディとして働いた年収からチャットレディの仕事に使用するパソコンなどを経費として落とすことができます。

 

主婦にとって経費が認められるというのは大きな魅力ですよね!

 

稀にチャットレディへの報酬を予め源泉徴収を行って支払う業者も存在しますが、源泉徴収を受けると経費を落とすことができなくなるので注意が必要です。

 

チャットレディを夫の扶養内で始める方法

「所得税・住民税」を扶養内に収めるなら所得38万円を越さない

効率的にお小遣い稼ぎができるチャットレディですが、チャットレディを始める際には少し税金について知っておく必要があります。

 

せっかくメリットの大きな親の扶養や夫の扶養を受ける扶養家族なのに、稼ぎ過ぎてしまうと扶養から外されますので稼ぎ過ぎには注意しましょう。

 

親の扶養や夫の扶養を受ける扶養家族が適用されるのは、経済的に自力で生活することができないことが条件です。

 

具体的には年間所得が38万円を超えない範囲であれば、所得税や住民税の納税義務が発生しません。

 

パソコンの経費などを抜いた金額が38万円を超えないようにしておく必要があります。

 

「健康保険・年金」を扶養内に収めるなら年収130万円を越さない

もし所得税と住民税の支払い義務が発生しない親の扶養や夫の扶養から外れてしまう、経費別の年間所得が38万円を超えてしまう場合は、次の扶養のポイントである健康保険と年金の扶養が外されてしまう130万円を意識してください。

 

一般的に親の扶養や夫の扶養の適用には130万円の壁があると言われています。

 

年間所得が130万円を超えると、現在の扶養枠が適用されなくなり扶養が外されてしまいます。

  • 年間所得が38万円を超えると所得税と住民税
  • 130万円を超えると健康保険と国民年金の支払い

これらの税金が発生しするので収入が逆に減ってしまうことになります。

 

チャットレディで確定申告をするときのポイント

チャットレディでバレた人はいる?身バレを防ぐ安全対策

チャットレディで確定申告なしでOKの収入は?

業務請負業のチャットレディとしてお小遣いを稼いだとしても、経費を差し引いた年間所得が38万円以下の場合は確定申告を行う必要がありません。

 

税金は収入から基礎控除額を含む各種控除を差し引いたものが課税所得となるため、年間所得が38万円以下で有れば親の扶養や夫の扶養の枠内にいることができます。

 

基礎控除額は年間38万円となっていますから、経費を差し引いた年間所得が38万円を超えない限り課税所得が発生しないので確定申告の必要がないとされています。

 

しかし例えば年商300万円で263.1万円の経費がかかり、年間所得が37.9万というような税務処理では、税務署の査察を受ける可能性があります。

 

この場合最大7年に遡って税務調査を行いますから、しっかりと帳簿を付けておく必要があります。

 

確定申告は経費計上で節税

チャットレディを業務請負で行う場合の最大の魅力は、経費が認められる点です。

 

この経費にはチャットレディの業務に使用するパソコンやwebカメラ、通信費などが該当します。

 

業務請負で行うチャットレディはいわゆる自営業者の扱いとなるので、サイトの運営企業から受け取る報酬(売上)からチャットレディ業務に関わる経費を差し引いたものが年間所得となります。

 

しかしあまりにも不自然で多すぎる経費は税務署の調査対象となり得ますので、適切な税務処理が必要となります。

 

所得で38万を超すなら青色確定申告がおすすめ

年間所得が38万円を越えてしまった場合は確定申告を行う必要があります。

 

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。

 

多くの自営業者が行っている青色申告は事前に届け出が必要なことや、帳簿作成の必要があり面倒なものの青色確定申告なら最大65万円の控除を受けることができます。

 

簡単な白色申告申告よりも税の優遇措置のメリットが大きな申告方法です。

 

業務委託でチャットレディ業務を行い、思いのほか稼げてしまった場合は若干手間はかかるものの青色申告で確定申告を行うことをおすすめします。

 

チャットレディの夫ばれを防ぐ方法

夫にばれたくないなら確定申告なしの範囲で

チャットレディでお小遣い稼ぎをしていることは親の扶養や夫の扶養であっても、扶養を受けている相手に知られたくないものです。

 

特に扶養元が夫の場合、チャットレディの仕事を知られることで夫婦の危機に陥る危険性もあるでしょう。

 

親や夫などの扶養元にチャットレディとして働いていることを知られたくない場合は、年間所得を38万円以下に抑えることしか有効な方法がありません。

 

またサイト運営企業が源泉徴収を行う場合はバレてしまう可能性が高くなりますので、避けた方が良いでしょう。

 

確定申告をするときは職業欄を「インターネットサービス業」などで

確定申告をする必要があるほどの年間所得をチャットレディ業務で稼ぎだしてしまった場合は、青白申告で確定申告すれば税の優遇措置が有利に受けられることは既に紹介しました。

 

この確定申告の際に正直にチャットレディと記入する必要は全くありません。

 

扶養元にチャットレディ業務を行っていることをバレないためにも、「インターネットサービス業」と記入して処理を行えば問題ないと言えます。

 

チャットレディ業務はインターネットサービス業の1つですから、嘘をついている訳でもないので、自信を持ってインターネットサービス業と記入してください。

 

扶養内でチャットレディをするなら「年収130万円、所得38万円」を越さない

チャットレディは稼げる?月収100万のカラクリと実際の稼ぎ高|チャットレディで副業!始め方と安全に稼げるおすすめサイト

 

親の扶養や夫の扶養の扶養内のメリットを失うことなく自由にお小遣い稼ぎができるチャットレディは非常に魅力的な仕事だと言えます。

 

しかしお小遣い稼ぎでせっかくの扶養の立場を失ってしまっては大ダメージです。

 

扶養には年間所得38万円までの所得税と住民税の枠、年間所得130万円までの健康保険と年金の枠の2つがあることを意識しながら、大いにチャットレディ業務を楽しみたいものです。

 

年間所得の38万円と130万円の2つの壁の存在はチャットレディを始める際には忘れないようにしてくださいね。

在宅で稼げる!チャットレディはココ

\スマホOK・完全ノンアダルトOK/

在宅チャットレディのおすすめはFANZAです。国内最大級のチャットサイトなので稼ぎやすい!私もココでチャットをしていますが、はじめてすぐに5000円稼げました(*^^*)

初期費用を請求されたり、ノルマを要求される、なかなか辞めさせてもらえないという悪質な事務所もあるみたいですが、ここはリスクなく本当に気軽に安心してできています。本当に好きなときだけ(月に1回とかでもOK)できるのも嬉しい!はじめての方に一番おすすめできるチャトレです。

FANZAの特徴
  • スマホアプリでお仕事OK・PCもOK
  • 完全ノンアダルトでできる(アダルト用もあり)
  • 顔出しなしでOK
  • 即日払い対応

費用一切なし。電話・迷惑メールなども一切ないので安心できるサイトです。

在宅チャトレ登録はこちら ≫

 

チャットレディの扶養・税金について
チャットレディ在宅で安全に稼げるとこランキング|現役チャトレが教えます
タイトルとURLをコピーしました