チャットレディの通勤と在宅の違いは?メリットデメリットと収入比較

チャットレディの通勤と在宅の違いは?メリットデメリットと収入比較

チャットレディをはじめるときは「通勤と在宅どっちが良いの?」と迷ってしまいますよね。

チャットレディは主婦でも大学生でも稼ぎやすく、今すぐにでもはじめられるメリットの多い仕事です。

自宅で仕事をはじめようか、事務所に通勤してはじめようか迷っているなら、違いをチェックして自分に合ったお仕事スタイルを選んでみてください。

▽スマホ対応!ノンアダOK!NO.1チャトレ▽

チャットレディの通勤・在宅の違い!実際どっちが良い?

チャットレディの通勤と在宅の違い

チャットレディには在宅と通勤2つの仕事のスタイルがあります。

在宅と通勤の違いは「働く場所」です。

在宅チャットレディ

  • 自宅のインターネット環境を使って、パソコンやスマートフォンで仕事をします。
通勤チャットレディ

  • チャットをする店舗(ルーム)に通勤し、用意されているパソコンを使って仕事をします。

一人暮らしの女性が在宅でチャットレディの仕事をすれば完全に1人きりの空間で集中して働くことができます。

通勤のチャットレディだと店舗に常駐しているスタッフさんがいることも多いので、相談などもすぐに気軽にすることができます。

通勤と在宅のチャットレディの収入比較!「在宅」の方が稼げる

気になるチャットレディの収入、在宅と通勤それぞれ見ていきましょう。

仕事を提供している経営サイトやプロダクションによって報酬の違いはありますが、基本的にチャットレディは時給ではなく分給になります。

(ただ、求人にはわかりやすく分単位で稼げる収入の目安が時給で表示されています。)

在宅チャットの収入例
  • 2ショットで「1分75円」⇒時給にすると4,500円
  • パーティーチャットで「1人あたり1分50円」⇒時給にすると3,000円

(ノンアダルトの場合)

通勤チャットの収入例
  • 2ショットで「1分75円」⇒時給にすると4,500円
  • パーティーチャットで「1人あたり1分30円」⇒時給にすると1,800円

(ノンアダルトの場合)

通勤チャットレディは事務所の維持費などがあるため、在宅チャットレディに比べると報酬が低くなります。

そのため、より多く稼ぎたいと思っているときは、在宅チャットレディの方が報酬が高くおすすめです。

時給は1時間お客さんと会話が成立した場合の収入になります。

チャットレディの仕事の収入は分単位の報酬を目安にしておくと良いでしょう。

チャットレディで稼ぐコツは、常連のお客さんを掴むことです。

話を盛り上げられるとチャットをする時間が長くなり、収入アップのチャンスが増えていきます。

在宅チャットレディのメリット・デメリット

チャットレディは稼げる?月収100万のカラクリと実際の稼ぎ高|チャットレディで副業!始め方と安全に稼げるおすすめサイト

在宅チャットレディのメリット

通勤時間が無い

チャットレディの在宅の大きなメリットの1つともいえるのが、通勤時間がかからないということです。

通勤であれば勤務先まで時間がかかる上に外に出る為の準備なども必要になります。

でも、在宅なら通勤分の準備が一切無いので、自分の時間に余裕を持てるようになります。

自分のペースで働ける

在宅でチャットレディをすると自分のペースで働くことができます。

  • 家事の合間に
  • 予定の無い日を選んで
  • 急用ができたからお仕事を休む

自分のライフスタイルに合わせて自由に働くことができます。

通勤よりも収入が高め

在宅と通勤の違いは、収入が少し高めなこと。

収入面のメリットは働くモチベーションも保ちやすく、さらに短時間でも効率的に稼ぐことが可能です。

在宅チャットレディのデメリット

インターネット環境を用意する必要がある

スマートフォンやインターネット環境・パソコンがあるという人ならすぐに始めることができます。

ただ、インターネット環境やパソコンがないときは、まず必要なものを用意しなければいけません。

相談できる相手がいない

1人で集中できる在宅勤務ですが、チャットレディがはじめてという女性なら働いていく中でわからないことや相談したいことなども出てきやすくなるものです。

そんな時にすぐそばに相談できる人がいないので、心配事が解決されるまでに時間がかかってしまうことがあります。

在宅チャットレディの体験談!自分のペースで仕事ができるのがうれしい

仕事はしたいけどパートは思ったより稼げないし、フルタイムで長い時間働くのは難しいと仕事探しに苦戦していたとき、在宅チャットレディの存在を知りました。

チャットレディなら家事や育児などに影響が出ないように時短で働けるし稼げると思い、思い切ってはじめてみることに。

家族がいない昼間だけ自宅でチャットレディをしています。

慣れるまでは緊張することもありましたが、今では常連さんもできて自分のペースで楽しんで働けています。

通勤チャットレディのメリットデメリット

|チャットレディで副業!始め方と安全に稼げるおすすめサイト

通勤チャットレディのメリット

プライベートと仕事を分けることができる

自宅から離れた場所でお客さんとチャットをする通勤チャットレディならオンとオフの切り替えができます。

在宅では自宅が勤務地になりプライベート空間で仕事をしている感覚から、家のことを優先してしまいついつい仕事をし始める時間が遅くなってしまうこともあります。

通勤なら店舗(ルーム)に着いた瞬間から仕事モードに切り替えられるので安心です。

仕事に必要な道具が最初から用意されている

インターネット環境は無いけれどチャットレディを始めたいという人に大きなメリットになります。

通勤ならパソコンはもちろんですがチャットをする空間は防音対策がされていたり、空調管理もされているので快適な空間で手ぶらで働くことができます。

店舗には飲み物やお菓子、テレビなどが用意されていることが多いので、お客さんがいなく待機している時間もリラックスすることができます。

何かあればスタッフさんに確認できる

店舗と事務所が一緒の場合にはスタッフさんが常駐していることも多く、何かわからないことがあればすぐに確認することができます。

通勤チャットレディのデメリット

お客さんがいなければチャットをしていない時間を持て余してしまう

チャットレディの通勤ではお客さんがいない間でもその場所にいることになります。

快適的な空間づくりがされてはいますが、待機の時間が長ければ長いほど待つことに疲れてしまったり、時間を持て余してしまうということがあります。

仕事場になるチャットルームに空きがないことがある

チャットレディの経営側が小さい規模だと部屋数が少なく、通勤向けのルームが埋まってしまえば仕事ができないことがあります。

シフト制で申請する時に部屋の空きが無ければ、希望しても働けないという日も出てきます。

通勤チャットレディ体験談!

チャットレディに興味がありパソコンは持っていたけれど、実家に住んでいたので在宅は難しいと思い通勤チャットレディを選びました。

天気が悪い日などには通勤が大変な時もありますが、快適な仕事空間に満足できています。

部屋は個室なのでプライベートは守られているし、コスプレ衣装とかを借りられるところもメリットです。

チャットレディの通勤と在宅は自分に向いている方を選ぶ

チャトレ(チャットレディ)とは?どのくらい稼げるの?

チャットレディには2つの働き方があり、在宅と通勤に違いはありますがそれぞれの良さがあります。

メリット・デメリットを比較しても今の自分に合った働き方を選んでみてください。

通勤チャットレディでも、個室の中で仕事をするので職場の人間関係のストレスに悩まされることはありません。

チャットレディは自分らしくそして効率的に高収入を得ることができるので、今すぐ稼ぎたいというときは思い切って応募してみてください。

応募はインターネットからできます。

在宅チャットレディは面接なしで、メールのやり取りのみでお仕事をはじめられます。

通勤チャットレディは応募後に事務所で面接をします。

お仕事や応募のことを詳しく知りたい方は「チャットレディで副業!始め方と安全に稼げるおすすめサイト」の詳細をチェックしてみてください。